東北地区

 

 kurikoma紅葉201024.jpg

~栗駒山は全山紅葉~

秋田(須川岳と呼称)岩手・宮城の三県に頂上を分かつ東北の名山=1,626m 登山口のイワカガミ平までは快適なドライブウエイ そこからは中央コースで2時間の快適なコース。是非いちどおいで下さい。

 

 会員数 165名   (2020年10月1日)

 
 コロナに負けず、山々の紅葉は元気です。なかなか顔合わせが出来ませんが、「松寿」やホームページをご覧いただき、一日も早い再会を願うものです。
 
お出かけの時は必ずマスク着用、3密を避けて行動し
帰宅後、手洗い・うがいの励行をお願いします。

 

重要なお知らせ

6月1日(月)から、旧のID番号、パスワード(PW)は

使用できません。

➡新しいID番号(5桁の会員番号。社員番号ではありません)と 新しいPW(8桁の西暦生年月日)を使用してください。

 

          東北地区 幹事  北野 裕行 

新着情報

2020/11/19
[同好会連絡] 福島地区ハイキング同好会「安積山 (1008.7m) ハイキング」の実施(10/24)報告 (奥山勝男)
2020/11/19
[同好会連絡] 福島地区ハイキング同好会「鹿狼山 (430m) ハイキング」の実施(9/18)報告 (奥山勝男)
2020/11/14
[同好会連絡] 宮城第三回ハイキング 「北泉ヶ岳(1,253m)登山」の実施報告 
2020/11/05
[同好会連絡] [俳句] 「鳥海山の 裾野は海へ 野紺菊」 ほか3句 (石井裕光)
2020/11/05
[同好会連絡] [俳句] 「スモスの オルレの道や 鈴つけて」 ほか3句 (狩野 甲七)
2020/10/10
[同好会連絡] 2020年第二回 湯~悠同好会とのコラボ企画「宮城オルレ登米コース」の実施報告 石井裕光
2020/10/02
[同好会連絡] [俳句] 「茶の花の 蕊(しべ)に茶好きの 虫集う」 (狩野 甲七)
2020/10/02
[同好会連絡] [俳句] 「祭りなく 飾りは駅に 吹き流し」 (狩野 甲七)
2020/10/02
[同好会連絡] [俳句] 「落ち蝉を 樹元に還し 勤め行く」 (狩野 甲七)
2020/09/10
[同好会連絡] 2020年「滝沢渓谷散策( 8/22)」の実施報告 福島地区ハイキング同好会 奥山勝男
2020/09/10
[同好会連絡] 2020年「雄国山(1271m)ハイキング」の実施報告 福島地区ハイキング同好会 奥山勝男
2020/09/02
[同好会連絡] [俳句] 「炎天の昼のとんかつ今日生きる」 (狩野 甲七)
2020/09/02
[同好会連絡] [俳句] 「傷つきし 命にたかる 蟻払う」 (狩野 甲七)
2020/09/02
[同好会連絡] [俳句] 「拉致家族 帰らぬ夏や 迎え逝く」 (狩野 甲七)
2020/08/09
[同好会連絡] 2020年第1回・・・「塩竃の町並みぶらり散策」の実施報告
2020/08/07
[同好会連絡] [俳句] 「生きている だけで幸せ 終戦忌」 (狩野 甲七)
2020/08/07
[同好会連絡] [俳句] 「蝉しぐれ命日 同じ墓碑ならぶ」 (狩野 甲七)
2020/08/07
[同好会連絡] [俳句] 「西瓜割る 一閃眼 ひとつなる」 (狩野 甲七)
2020/06/26
[同好会連絡] [俳句] 「甲子園 土のメダルや 青葉風」 (狩野 甲七)
2020/06/26
[同好会連絡] [俳句] 「青空や 向こふ向こふも 夏の空」 (狩野 甲七)
2020/06/26
[同好会連絡] [俳句] 「逝きし子に 七夕ありや ねがいかく」 (狩野 甲七)
2020/06/03
[同好会連絡] [俳句] 令和2年6月「上野には ああ上野駅 昭和の日」 (狩野 甲七)
2020/06/03
[同好会連絡] [俳句] 令和2年6月「時々は 鶯の声 無人駅」 (狩野 甲七)
2020/06/03
[同好会連絡] [俳句] 令和2年6月「桃色の 産院に国旗 燕くる」 (狩野 甲七)
2020/05/05
[同好会連絡] [俳句] 令和2年5月「朝ドラの 六甲おろし 球春(はる)遠し」 (狩野 甲七)
2020/05/05
[同好会連絡] [俳句] 令和2年5月「人みればコ ロナと思う 五月鬱 」 (狩野 甲七)
2020/05/05
[同好会連絡] [俳句] 令和2年5月「人の世は 緊急事態 蟻の塔」 (狩野 甲七)
2020/04/07
[同好会連絡] [俳句] 令和2年4月「膝を抜く 若さ美学の 春の服」全3句 (狩野 甲七)
2020/04/02
[同好会連絡] [俳句] 令和2年4月「枝撓る 我慢がまんの 涅槃雪」 (靍田 進)
2020/04/02
[同好会連絡] [俳句] 令和2年4月「杣の径 靴に伝わる 春の音」 (靍田 進)